浮気調査のプロ探偵事務所口コミ比較

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較≪2019年優良探偵ランキング≫

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較

浮気を疑った時の対処法と知っておくべき浮気の時効について

響・Agent

 

パートナーの浮気を疑っているという方も多いと思いますが、その際にはどう対処したらいいのか分からないという方も少なくないと思います。また浮気に時効があるのかどうかという点について、よく分からないという方も多いと思います。そこで今回は浮気を疑った時の対処方法や浮気の時効の有無について、色々と詳しく書きたいと思います。

 

浮気を疑った時の手っ取り早い対処方法は自力で調べること

女性

パートナーの浮気を疑った時には浮気の事実を確かめるのが良いですが、その際には自力で調べるのが手っ取り早いです。

 

自力でパートナーの浮気を調べる方法については色々とあって、例えば携帯電話のメールや通話履歴などを確認するという方法は最もスタンダードな方法だと言えます。また財布やカバンの中を確認して怪しいレシートなどが入ってないか確認したり、クレジットカードの明細を見て自分の異性へのプレゼントに繋がるようなものを購入してないかチェックする方法もあります。

 

あとはそれ以外にもGPSを使ったりSNSをチェックしたり、夫を尾行して浮気していないか確かめるなど、自力でパートナーが浮気していないか確かめる方法は色々とあります。

 

自力で調べる方法の多くは簡単なものでやろうと思ったその日に始めることができるので、手っ取り早く浮気の事実について確かめたいと考えているのであれば、とりあえず自分で調べるようにしてみると良いです。

 

より確実性を求めるなら探偵の浮気調査がオススメ

男性

自力で調べる方法は気軽に行えるメリットがある一方で、バレてしまうリスクや自力では裁判などに使える証拠が集められない可能性があるなどデメリットもあります。そのためより確実性のある方法で浮気の事実を確かめたいのであれば、自力で調べるよりも探偵に浮気調査を依頼した方が良いです。

 

探偵は浮気調査のプロなので素人が自力で調べるよりも確実性が高く、浮気の事実をしっかりと確かめられますし、仮に浮気の事実があった場合には離婚や裁判で使える証拠も集めてくれます。また素人が尾行などをすると相手にバレてしまうことも多いですが、探偵なら相手にバレてしまう可能性は低いので、相手にバレたせいで警戒されてしまうリスクも低いです。

 

探偵の浮気調査にはお金が掛かるので自力でやるのと違って手軽さはありませんが、確実性や安心感という点では勝っているので、より確実性のある方法で浮気の事実をしっかりと確かめたいなら探偵の浮気調査がオススメです。

 

浮気には時効があるので注意が必要

カレンダー

浮気を疑って浮気調査をしたら本当に浮気していたというケースは多く見られるのですが、実は浮気にも時効はあるのでその点には注意が必要です。浮気の時効とは損害賠償を請求することができる期限のことで、もっと詳しく言えば浮気の慰謝料を請求する権利が消えるまでの時間です。

 

浮気の時効については大きく分けると2つあって、1つ目は浮気の事実を知ってから3年が経過している場合です。もっと詳しく言うとパートナーが浮気していることに加えて浮気相手が誰なのか知ってからで、それから3年以内に慰謝料を請求しないと時効になります。

 

2つ目はパートナーが浮気してから20年が経過した時で、その間に浮気の事実に気付かなかった場合には時効になります。ただ20年前の浮気だから必ず時効になるというわけではなくて、より詳しく言うと最後に浮気相手と性的関係を持ってから20年なので、その点には注意する必要があります。

 

例えば20年前に始まった浮気であったとしても、現在も関係が続いているというようなことであれば、たとえ20年経っても時効にはなりません。

 

パートナーの浮気が時効になってしまった場合の対処方法は?

ハテナマーク

浮気の事実を確かめてから3年経過してしまった場合や、パートナーの浮気が20年以上前のことである場合には、時効となってしまい慰謝料請求を行うことはできません。ただし状況によっては対処することが可能な場合もあるので、その点について詳しく書きたいと思います。

 

例えば浮気の事実が判明してから3年経った場合はもう慰謝料請求はできませんが、あくまでもそれは浮気の証拠を取ってから3年経過した場合なので、もし仮に浮気が現在も継続しているならもう一度新たに証拠が取れればそこから3年間は慰謝料請求が可能です。

 

また20年前に始まった浮気でも浮気相手と最後に性的関係を持ってから20年経ってもいなければ時効では無いので、それを証明することができれば慰謝料を請求することは可能です。

 

パートナーが完全に浮気を止めていた場合には時効になった時点で対処方法はありませんが、まだ浮気を続けている場合にはその限りでは無いので、時効になったとしても怪しいと感じる点があるなら諦めずにもう一度調べてみるのも1つの手です。

 

まとめ

 

パートナーの浮気を疑った際には自力で調べる方法に加えて、探偵に浮気調査を依頼するという方法もあります。ただし浮気の事実を確かめてから3年以上が経過すると時効になって慰謝料請求は出来ないので、その点には注意する必要がありま。

 

またパートナーの浮気が20年以上前のことで最後に性的関係を持ってから20年経過している場合も時効なので、その点についても注意する必要があります。ただ時効になったとしてもパートナーが現在進行形で浮気を続けている場合など状況によっては対処が可能な場合もあるので、時効になっだからといってすぐに諦めずに自分の状況を確かめてみることも1つの手です。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
原一探偵事務所
浮気調査について
HAL(ハル)探偵社
掲載探偵社一覧
関連記事
体験談
Information
一般社団法人 日本調査業協会 国民生活センター
おすすめ探偵事務所
はやぶさ探偵社