浮気調査はICレコーダーの存在が重要に?必要性と注意点とは

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較≪2018年優良探偵ランキング≫

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較

浮気調査はICレコーダーの存在が重要に?必要性と注意点とは

響・Agent

浮気調査を行う際にICレコーダーの存在は重要で、本人の証言などがあれば有効な証拠になります。裁判を視野に入れるだけでなく、浮気を止めさせる説得にも役立つことが多く、非常に有用なアイテムなのです。

浮気調査ではICレコーダーが活躍することが多い

女性

浮気調査はICレコーダーが活躍することが多く、浮気した本人や、浮気相手の証言を記録できれば大きなプラスになります。浮気調査は証拠をつかむ必要がありますが、決定的な証拠となると意図的に録音や撮影をしなければ残らないのがポイントです。

 

ただ聞いた、見たという情報だけで裁判などになった際言った、言っていないという水掛け論になり、有効な証拠と認められなくなってしまうからです。そのため、浮気調査を行う場合はどの範囲の調査を行い、どこで止めるかも大切になってきます。

 

注意したいのは浮気調査で自分が動いてしまうと、相手が証拠の隠滅を図る可能性があることです。浮気調査はバレないように行う必要があり、探偵などに依頼する人が多い理由の一つにもなっています。

 

また、素人判断では実際に裁判に有効な証拠になるか判断が難しいのもポイントです。自分が証拠だと思っても裁判では通じないケースがあり、自分自身浮気調査を行うデメリットの一つになっています。

ICレコーダーは証拠写真などと組合せて使われるケースが多い

男性と女性

プロの浮気調査はICレコーダーを補助的に使い、証拠写真などを撮ることを優先します。民法上の規定では浮気は肉体関係の有り無しで判断が分かれるため、ホテルや相手の部屋にはいる瞬間などの写真を撮れば決定的な証拠になります。

 

ただし、証拠の写真の説得力と高めるために浮気相手の職業や年齢などの情報が必要になるケースも多く、個人には特定が難しいことが多くなります。探偵の場合は相手の素性調査なども行った上で情報をまとめてくれるためそれだけ裁判の証拠として採用されることが多くなるのです。

 

ICレコーダーはどちらかといえば補助的に使われることが多く、聞き込みの際の記録に使われます。相手男性の人柄などを聞きこんだ際の録音など、状況証拠を固めるために使われるのです。

 

直接浮気相手に接触するのは探偵にとってリスクになる場合があるのもポイントです。直接探偵がICレコーダーで相手の情報などを収集するのは難しく、盗聴などをすれば違法性を問われる可能性が出てくるのです。

自分で浮気調査をする場合はどう利用するかが重要になる

女性

自分で浮気調査をする場合は、どのようにICレコーダーを利用するかが重要になります。妻が警戒心なく浮気をしているといってそれを録音しても、裁判などで相手が無理やり言わされたなどの反論をすれば決定的な証拠にならないからです。

 

そのため、車にICレコーダーをしかけておいて、相手が車を遣っているときに録音しておいて証拠にし、浮気を止めるように説得するなど工夫をする必要が出てきます。

 

自力で浮気の証拠をつかみたい場合は、ICレコーダー選びから考えることが重要です。ICレコーダーには録音可能時間や電池が持つ時間などさまざまな制限があります。また、相手に気付かれないように録音できるかも重要なため、隠した状態できるかも考える必要があるのです。

 

長時間録音が可能なものであれば、車において、相手がデートに使う際の音を録音するといったことも可能になります。ただし、浮気を疑われていると相手が警戒している場合はICレコーダーを発見され、証拠が隠滅されるケースも出てきます。

ICレコーダーの証拠をもとにしても揉めることは多い

模型

ICレコーダーで浮気調査を行い、証拠をつかんでも相手がそれを認めるかは別の話になります。中にはプライバシーの侵害などを理由に強硬な態度をとるケースもあり、証拠を聞かせるのが良いとは限らない理由の一つになっています。

 

夫婦関係の危機的な状況など例外があればゆるされることもありますが、余りに拘束が厳しければ逆に自分の立場が危うくなる可能性もあります。人の感情が絡む問題になるため、自分が正しいというだけでは相手を説得できないこともあるのです。

 

浮気調査はどのように着地するかを考えることも大切で、その着地が最も難しい部分になっています。無理に関係を修復するよりも別れた方が良い場合があるのもポイントなのです。

 

修復が不可能であれば縁を切る、裁判で慰謝料を請求するなどさまざまな選択肢が出てきます。証拠を出すタイミングを誤るとこじれることもあるということを考えた上で、慎重に行動する必要があるのです。

 

不安な場合は弁護士に相談するなど、第三者にチェックしてもらうのも方法です。

まとめ

浮気調査にICレコーダーを利用するのは有効な方法です。ただし、録音したものが全て有効なものとは限らず、決定的な証拠と思っていたものが話がこじれる原因となることもあります。

 

相手がどう思っているかも含めて、どのように利用するかをしっかりと考えなければならないのです。そのため、裁判などを視野に入れるのであれば探偵に依頼した方が良く、実際に証拠を手に入れた場合は弁護士に相談するなど、先のことを考えて行動する人も多いのです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
原一探偵事務所
浮気調査について
HAL(ハル)探偵社
掲載探偵社一覧
関連記事
体験談
Information
一般社団法人 日本調査業協会 国民生活センター
おすすめ探偵事務所
はやぶさ探偵社