浮気調査のプロ探偵事務所口コミ比較

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較≪2019年優良探偵ランキング≫

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較

浮気を疑った時の対処法と知っておくべき浮気の時効について

響・Agent

 

パートナーの浮気を疑っているという方も多いと思いますが、その際にはどう対処したらいいのか分からないという方も少なくないと思います。また浮気に時効があるのかどうかという点について、よく分からないという方も多いと思います。そこで今回は浮気を疑った時の対処方法や浮気の時効の有無について、色々と詳しく書きたいと思います。

 

浮気を疑った時の手っ取り早い対処方法は自力で調べること

女性

パートナーの浮気を疑った時には浮気の事実を確かめるのが良いですが、その際には自力で調べるのが手っ取り早いです。

 

自力でパートナーの浮気を調べる方法については色々とあって、例えば携帯電話のメールや通話履歴などを確認するという方法は最もスタンダードな方法だと言えます。また財布やカバンの中を確認して怪しいレシートなどが入ってないか確認したり、クレジットカードの明細を見て自分の異性へのプレゼントに繋がるようなものを購入してないかチェックする方法もあります。

 

あとはそれ以外にもGPSを使ったりSNSをチェックしたり、夫を尾行して浮気していないか確かめるなど、自力でパートナーが浮気していないか確かめる方法は色々とあります。

 

自力で調べる方法の多くは簡単なものでやろうと思ったその日に始めることができるので、手っ取り早く浮気の事実について確かめたいと考えているのであれば、とりあえず自分で調べるようにしてみると良いです。

 

より確実性を求めるなら探偵の浮気調査がオススメ

男性

自力で調べる方法は気軽に行えるメリットがある一方で、バレてしまうリスクや自力では裁判などに使える証拠が集められない可能性があるなどデメリットもあります。そのためより確実性のある方法で浮気の事実を確かめたいのであれば、自力で調べるよりも探偵に浮気調査を依頼した方が良いです。

 

探偵は浮気調査のプロなので素人が自力で調べるよりも確実性が高く、浮気の事実をしっかりと確かめられますし、仮に浮気の事実があった場合には離婚や裁判で使える証拠も集めてくれます。また素人が尾行などをすると相手にバレてしまうことも多いですが、探偵なら相手にバレてしまう可能性は低いので、相手にバレたせいで警戒されてしまうリスクも低いです。

 

探偵の浮気調査にはお金が掛かるので自力でやるのと違って手軽さはありませんが、確実性や安心感という点では勝っているので、より確実性のある方法で浮気の事実をしっかりと確かめたいなら探偵の浮気調査がオススメです。

 

浮気には時効があるので注意が必要

カレンダー

浮気を疑って浮気調査をしたら本当に浮気していたというケースは多く見られるのですが、実は浮気にも時効はあるのでその点には注意が必要です。浮気の時効とは損害賠償を請求することができる期限のことで、もっと詳しく言えば浮気の慰謝料を請求する権利が消えるまでの時間です。

 

浮気の時効については大きく分けると2つあって、1つ目は浮気の事実を知ってから3年が経過している場合です。もっと詳しく言うとパートナーが浮気していることに加えて浮気相手が誰なのか知ってからで、それから3年以内に慰謝料を請求しないと時効になります。

 

2つ目はパートナーが浮気してから20年が経過した時で、その間に浮気の事実に気付かなかった場合には時効になります。ただ20年前の浮気だから必ず時効になるというわけではなくて、より詳しく言うと最後に浮気相手と性的関係を持ってから20年なので、その点には注意する必要があります。

 

例えば20年前に始まった浮気であったとしても、現在も関係が続いているというようなことであれば、たとえ20年経っても時効にはなりません。

 

パートナーの浮気が時効になってしまった場合の対処方法は?

ハテナマーク

浮気の事実を確かめてから3年経過してしまった場合や、パートナーの浮気が20年以上前のことである場合には、時効となってしまい慰謝料請求を行うことはできません。ただし状況によっては対処することが可能な場合もあるので、その点について詳しく書きたいと思います。

 

例えば浮気の事実が判明してから3年経った場合はもう慰謝料請求はできませんが、あくまでもそれは浮気の証拠を取ってから3年経過した場合なので、もし仮に浮気が現在も継続しているならもう一度新たに証拠が取れればそこから3年間は慰謝料請求が可能です。

 

また20年前に始まった浮気でも浮気相手と最後に性的関係を持ってから20年経ってもいなければ時効では無いので、それを証明することができれば慰謝料を請求することは可能です。

 

パートナーが完全に浮気を止めていた場合には時効になった時点で対処方法はありませんが、まだ浮気を続けている場合にはその限りでは無いので、時効になったとしても怪しいと感じる点があるなら諦めずにもう一度調べてみるのも1つの手です。

 

まとめ

 

パートナーの浮気を疑った際には自力で調べる方法に加えて、探偵に浮気調査を依頼するという方法もあります。ただし浮気の事実を確かめてから3年以上が経過すると時効になって慰謝料請求は出来ないので、その点には注意する必要がありま。

 

またパートナーの浮気が20年以上前のことで最後に性的関係を持ってから20年経過している場合も時効なので、その点についても注意する必要があります。ただ時効になったとしてもパートナーが現在進行形で浮気を続けている場合など状況によっては対処が可能な場合もあるので、時効になっだからといってすぐに諦めずに自分の状況を確かめてみることも1つの手です。

浮気調査が詐欺ってことはあるの?

響・Agent

浮気調査をしたいけど、詐欺ってケースもあるの?と色々と不安になることもあるでしょう。こちらは本気で依頼したいのに、それを逆手にとって詐欺にするケースもあるので注意が必要です。いくつかご紹介するので参考にして下さい。

 

浮気調査の詐欺の手口について知りたい!

女性と電卓

浮気調査の詐欺の手口を事前に知りたいお考えの方も多いでしょう。これは詐欺かも?と思ったら事前に対処することで、被害に合わなくてすみますし、やはり内緒で浮気調査を依頼するので、あまりおおっぴらに詐欺にあったことは内緒にしたいはずです。
なので、浮気調査をしていることは内緒にしておき、詐欺の手口を事前に知ることで対処できます。まず、依頼した浮気調査の探偵事務所の中には、お金だけもらい調査を行わない手口もあります。まず浮気調査をスタートする前に着手金が必要になったり、急いで契約させるなど、何かと急がせるような雰囲気を出しているような探偵事務所は避けた方が良いでしょう。
いくつは比較したいので、探偵事務所は急いで契約しません!とこちらからハッキリと提示することは重要です。そういうことを伝えて態度が大きく変化するようでしたら、避けるべきです。

 

浮気調査の費用の相場価格を知っておく!

 

お金と模型

浮気調査は、プライバシー厳守で内密に行うケースが多いため、色々と情報収集しにくいのも事実です。ですが、浮気調査をひっそりと行いたいけど、あまりにも高額な費用の請求があり、本当に妥当な金額なのかどうか、その辺を知りたいといったケースも多いはずです。
やはり事前に浮気調査の費用について事前に知るくことでスムーズに依頼することができます。悪徳業者の場合、最初の見積もりの時点では安く提示して、契約後に色々と追加料金やオプション費用など付加することも多いので、その点は注意が必要です。
調査が終わってから追加料金の請求があるケースも多々存在するので、事前にパックプランなど追加料金がかからない料金設定になっているような探偵事務所を利用するのはベストな方法だと言えます。調査がすでに終わっていても、まだ調査中として料金を請求するケースもありますし、信頼できる業者を探すことです。

 

浮気調査の説明があまりなく、安さのみを提示する探偵事務所

男性

浮気調査をする場合、最初は見積もり請求をするなど、コンタクトをとるはずです。その際に浮気調査に関して安さのみを提示して、詳しい説明がない探偵事務所も多々あります。
追加料金のことや探偵時において調査員の人数追加についてオプション料金でプラスされることはあるかなど、様々な点においてお客様側への説明がきちんとできないと安心して取引を行うことは難しくなります。
公式サイトに提示されている料金はどこまで含まれているのか、追加料金や延長料金が発生する場合の説明など、具体的なことが公式サイトには記載されていない場合、やはり手続きを行う前にきちんと説明があったかその部分はとても重要になります。

ご利用になる前にその辺の説明の有無を確認しておき、どの程度信頼できる探偵事務所か手続きする前に判断することは重要になります。

 

探偵事務所における水増し請求について理解しよう!

グラフ

浮気調査を依頼したら、その後は全く何が行われているか判断できませんし、信頼するしか対応ができません。その場合、探偵事務所における水増し請求が行われるケースもあるので、事前にチェックしておきましょう。
特に調査員の人数の水増しをプラスして請求することがあります。こちら側では把握できないため、探偵事務所側で適当に人数の水増しを行い、お客様側へ負担を大きくするなど、色々な手口があるので注意が必要になります。1人あたりの稼働時間で料金設定している探偵事務所が多いので、やはり調査員の人数を増やすことで負担が大きくなります。
最初からかなりの人数を導入するような手口もあるので、事前に一般的な浮気調査で必要とする人数を知ることで、おおよその人員が把握できます。1つの案件に4〜5人を動員するようでしたら、それはちょっとおかしいなと判断した方がよいです。一般的には2人ほどで調査員を設定することが多いので、その辺も比較してみることは重要です。
契約書をきちんとかわすことも重要なので、契約を急がせたり、あやふやな態度を示すような探偵事務所は、まず避けるべきです。口約束としてごまかそうとするケースもあるので、そういったトラブルにならぬよう最初はとても肝心なので、契約書を作成して手続きを行うことは重要になります。

 

まとめ

探偵事務所を利用して浮気調査を依頼する場合、やはり詐欺に引っかかるケースもあるため、事前に注意が必要になります。まず、そうした被害に合わないためにもきちんと探偵事務所を利用した場合の相場価格や契約の流れなど把握しておくことは重要です。契約を急がせたり、契約書を作成しない、料金や調査内容について具体的な説明がない場合は避けた方が良いでしょう。

 

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較優良店ランキングTOPに戻る↑

浮気調査はICレコーダーの存在が重要に?必要性と注意点とは

響・Agent

浮気調査を行う際にICレコーダーの存在は重要で、本人の証言などがあれば有効な証拠になります。裁判を視野に入れるだけでなく、浮気を止めさせる説得にも役立つことが多く、非常に有用なアイテムなのです。

浮気調査ではICレコーダーが活躍することが多い

女性

浮気調査はICレコーダーが活躍することが多く、浮気した本人や、浮気相手の証言を記録できれば大きなプラスになります。浮気調査は証拠をつかむ必要がありますが、決定的な証拠となると意図的に録音や撮影をしなければ残らないのがポイントです。

 

ただ聞いた、見たという情報だけで裁判などになった際言った、言っていないという水掛け論になり、有効な証拠と認められなくなってしまうからです。そのため、浮気調査を行う場合はどの範囲の調査を行い、どこで止めるかも大切になってきます。

 

注意したいのは浮気調査で自分が動いてしまうと、相手が証拠の隠滅を図る可能性があることです。浮気調査はバレないように行う必要があり、探偵などに依頼する人が多い理由の一つにもなっています。

 

また、素人判断では実際に裁判に有効な証拠になるか判断が難しいのもポイントです。自分が証拠だと思っても裁判では通じないケースがあり、自分自身浮気調査を行うデメリットの一つになっています。

ICレコーダーは証拠写真などと組合せて使われるケースが多い

男性と女性

プロの浮気調査はICレコーダーを補助的に使い、証拠写真などを撮ることを優先します。民法上の規定では浮気は肉体関係の有り無しで判断が分かれるため、ホテルや相手の部屋にはいる瞬間などの写真を撮れば決定的な証拠になります。

 

ただし、証拠の写真の説得力と高めるために浮気相手の職業や年齢などの情報が必要になるケースも多く、個人には特定が難しいことが多くなります。探偵の場合は相手の素性調査なども行った上で情報をまとめてくれるためそれだけ裁判の証拠として採用されることが多くなるのです。

 

ICレコーダーはどちらかといえば補助的に使われることが多く、聞き込みの際の記録に使われます。相手男性の人柄などを聞きこんだ際の録音など、状況証拠を固めるために使われるのです。

 

直接浮気相手に接触するのは探偵にとってリスクになる場合があるのもポイントです。直接探偵がICレコーダーで相手の情報などを収集するのは難しく、盗聴などをすれば違法性を問われる可能性が出てくるのです。

自分で浮気調査をする場合はどう利用するかが重要になる

女性

自分で浮気調査をする場合は、どのようにICレコーダーを利用するかが重要になります。妻が警戒心なく浮気をしているといってそれを録音しても、裁判などで相手が無理やり言わされたなどの反論をすれば決定的な証拠にならないからです。

 

そのため、車にICレコーダーをしかけておいて、相手が車を遣っているときに録音しておいて証拠にし、浮気を止めるように説得するなど工夫をする必要が出てきます。

 

自力で浮気の証拠をつかみたい場合は、ICレコーダー選びから考えることが重要です。ICレコーダーには録音可能時間や電池が持つ時間などさまざまな制限があります。また、相手に気付かれないように録音できるかも重要なため、隠した状態できるかも考える必要があるのです。

 

長時間録音が可能なものであれば、車において、相手がデートに使う際の音を録音するといったことも可能になります。ただし、浮気を疑われていると相手が警戒している場合はICレコーダーを発見され、証拠が隠滅されるケースも出てきます。

ICレコーダーの証拠をもとにしても揉めることは多い

模型

ICレコーダーで浮気調査を行い、証拠をつかんでも相手がそれを認めるかは別の話になります。中にはプライバシーの侵害などを理由に強硬な態度をとるケースもあり、証拠を聞かせるのが良いとは限らない理由の一つになっています。

 

夫婦関係の危機的な状況など例外があればゆるされることもありますが、余りに拘束が厳しければ逆に自分の立場が危うくなる可能性もあります。人の感情が絡む問題になるため、自分が正しいというだけでは相手を説得できないこともあるのです。

 

浮気調査はどのように着地するかを考えることも大切で、その着地が最も難しい部分になっています。無理に関係を修復するよりも別れた方が良い場合があるのもポイントなのです。

 

修復が不可能であれば縁を切る、裁判で慰謝料を請求するなどさまざまな選択肢が出てきます。証拠を出すタイミングを誤るとこじれることもあるということを考えた上で、慎重に行動する必要があるのです。

 

不安な場合は弁護士に相談するなど、第三者にチェックしてもらうのも方法です。

まとめ

浮気調査にICレコーダーを利用するのは有効な方法です。ただし、録音したものが全て有効なものとは限らず、決定的な証拠と思っていたものが話がこじれる原因となることもあります。

 

相手がどう思っているかも含めて、どのように利用するかをしっかりと考えなければならないのです。そのため、裁判などを視野に入れるのであれば探偵に依頼した方が良く、実際に証拠を手に入れた場合は弁護士に相談するなど、先のことを考えて行動する人も多いのです。

 

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較優良店ランキングTOPに戻る↑

正しい浮気調査を知らなければ、違法になってしまうことも!

響・Agent

相手の裏切り行為である浮気。そんな浮気の証拠を自分自身でつかんでやりたい!と思う人も多いのではないでしょうか。そんな時、注意しなければいけないのが、浮気調査の方法によっては違法になってしまうということです。では、実際、浮気調査において、どのような事が違法行為となってしまうのでしょうか。

 

GPSを使った浮気調査は違法の場合も!

女性

手軽に相手の位置を確認する事ができるGPS。その為、手軽に浮気調査を行いたいという人には、非常に便利なものとなります。そんなGPSですが、GPSを使った浮気調査自体が違法行為ということではありません。それに関わる方法などが違法行為にあたる場合が考えられるのです。

 

例えば、プライバシー保護の問題。例え、夫婦だといっても、お互いのプライバシーは守らなければなりません。それが例え、相手が浮気をして自分のことを裏切っているとしても、守られる権利となるのです。その為、GPSを使って、相手の居場所や行動を確認するということは、プライバシー保護を侵害していると言われても、抵抗できないのです。

 

その他、GPSを取り付ける際に相手の物を気付付けてしまった場合は器物損壊。取り付けるために無断で侵入した場合は、不法侵入などといった違法行為となる為、注意が必要です。

 

少しでもこれらの違法行為にあたる方法でGPSでの浮気調査を行うことは非常に危険な行為と言え、出来るだけ、避ける必要があります。

 

自分で出来る範囲で違法とならない浮気調査の方法とは?

クエっションマーク

では、自分で出来る範囲で違法とならない浮気調査には、どのようなものがあるのでしょうか。例えば、カーナビの履歴です。車の場合、夫婦共有で使用している事も多く、そのようなものの情報を確認しても違法行為にあたる事はありません。

 

その為、浮気調査を行う際、自家用車のカーナビ履歴を調べる事は可能です。また、同じように自家用車の中を調べるといった行為も違法行為にあたる事はありません。

 

座席にシート一の確認や髪の毛、アクセサリーが落ちていないかの確認。また、ニオイの確認を行っても、共有の自家用車であれば、何も問題はありません。

 

また、給与明細などで相手の行動を検索する事も違法行為にあたる心配はありません。給与明細の場合、出張の記録や休日出勤の記録など確認する事が可能です。それとその月のスケジュールを照らし合わせる事で、ある程度の相手の行動を把握する事ができ、これに関しては、違法行為にあたることなく、自由に調べる事が可能です。

 

探偵に依頼すれば違法行為などなく浮気調査が可能?

女性

浮気調査を行う際、探偵に依頼する人も多いのではないでしょうか。そんな時、探偵ならば違法行為にあたる事はないのか不安に思う点もあると思います。

 

例えば、勝手に写真やビデオ撮影を行う点です。プライバシー保護を考えるなら、勝手に盗み撮りといった形で写真撮影やビデオ撮影を行うことで、プライバシー保護にあたるような気がします。しかし、このような場合、正当な行為に基づくものであれば、違法行為にあたる事はないと定められている為、安心して撮影し、証拠を掴んでもらうことが可能です。

 

また、場合によっては張り込みや尾行が必要になる浮気調査。この場合も、プライバシー保護の違法性やストーカーの違法性などが心配になってきます。

 

しかし、この場合も違法行為にあたる事はありません。特にストーカー行為とは、相手に好意的な感情を持っている際に適応されるものとなります。あくまでも、探偵は、仕事で相手のことを尾行しているだけ。その為、ストーカー行為にあたる心配はありません。

 

合法で浮気調査を行うためには、探偵への依頼が最適!

男性と女性

自分自身で浮気調査を行うには限界があります。また、踏み入れた調査を行った場合、場合によっては違法行為とみなられ、相手に訴えられる可能性も考えられます。そういった事を考えた場合、やはり専門家である探偵に依頼する事が最善の方法だと言えるのです。

 

探偵が行う浮気調査の場合、かなりの範囲が合法となります。また、探偵はプロです。どこからが違法行為になるかといった線引きがしっかりできています。その為、決して、違法行為にならないように注意しながら、最善の方法で浮気調査を行ってもらうことが可能です。

 

探偵に浮気調査を依頼すれば、確かに費用が必要になってしまいます。しかし、自分で違法行為とも知らずに浮気調査を行い、相手に訴えられた方が費用の負担が大きくなってしまう可能性が高いのは事実です。

 

そういった事を踏まえ、出来る限り、探偵に依頼してみてはいかがでしょうか。そうする事で、より安全に浮気調査を行うことができると思います。

 

まとめ

以上が浮気調査における違法行為の危険性となります。何も知らないまま、単独で浮気調査を行った場合、もしかしたら、それが違法行為になってしまうかも知れません。その結果、訴えられることも十分に考えられます。そういった危険性がある中、浮気調査を行うよりも、可能であれば探偵に依頼し、合法で浮気調査を行うことをお勧めしたいと思います。

 

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較優良店ランキングTOPに戻る↑

浮気調査で証拠は必須

響・Agent

浮気調査で大事なことは多々ありますが、証拠が一番と言っても過言ではないかもしれません。証拠がなければどうしようもないのです。客観的なものが証拠となるわけですが、これがあるのとないのとでは、天と地ほどの差があります。

自分で探せるものもあるけど

女性

浮気調査を自分でしてしまうという人もいます。絶対に駄目というわけではありませんが、もしかしたら危険な場合もあるかもしれませんし、もし途中でばれてしまったらどうしようもありません。相手が浮気をしていなくて完全なる自分の勘違いなら尚更です。

 

浮気の証拠を掴んでどうしたいかにもよります。証拠をつきつけて自分が上の立場になりたいのかそれとも別れたいのかでも、全然違います。

 

また、自分がその光景を見たというのも証拠にはならないので難しいところです。写真などがないと、やはり厳しいですね。そこを素人がどうにかできるかというとそれはとても難しいです。

 

自分でどうにか出来る人もいますが、それが自分に当てはまるとは思わないほうがいいかもしれません。ここは自分でやろうとはせずに、ちゃんとそれを生業にしている人に任せたほうが確実ではないでしょうか。そうでもないと、自分で墓穴を掘って尚更大変なことになってしまうかもしれません。

探偵事務所にお願いする

男性とお金

探偵事務所では浮気調査もやってくれます。むしろ、浮気調査を得意としているところも多くあります。もちろんプロなので、本当に浮気をしていた場合は証拠もばっちり撮影してくれます。

 

それをどうするかは本人次第ですが、探偵事務所ではその相談にも乗ってくれたりします。自分で決められない、でも浮気をしているか知りたいという場合は相談してみると良いでしょう。

 

思いもよらない事実を知る場合もあるかもしれませんが、依頼をするならその覚悟は必要ですし、証拠もあるとなると勘違いということもないでしょうから、思っている以上の覚悟は必要かもしれません。ですが、もし別れる気しかないのなら、証拠が出てくるというのはかなり好都合ですし、自分が優位に立ちたいという人もそうでしょう。

 

別れる気がない人にとっては中々リスキーかもしれません。相手が、ばれたならしょうがないと別れを切り出す可能性があるからです。その可能性も考えておきましょう。

証拠は裁判にも使える

裁判所とお金

 

探偵社が掴んだ証拠は、裁判で使うことが出来ます。証言だけだと無茶ですが、写真があれば浮気を証明することが出来ます。そうすれば、依頼したほうはかなり有利となります。

 

裁判に持ち込みたいと考える人には、証拠は必須です。もちろん、必ず裁判にいくとは限りません。証拠を相手に突きつけて相手が降参ということも十分に考えられます。ただ、裁判にいくのなら証拠はあるに越したことはありません。

 

言ってしまえば、証言だけなら何とでも言えるのです。それだと、相手も余裕かもしれません。

 

ですが、証拠が出てきたとなるとどうでしょう。その余裕は、一気に失われてしまいます。自分を有利にしたいなら、証拠はないと駄目です。それで相手が観念して裁判にいかないなら、それはそれで良いでしょう。

 

ですが観念させるためならやはり、証拠はあったほうが絶対に良いのです。もちろん、証拠が出ないという可能性はあります。そういうときは、諦めることも必要です。

証拠が出たからと言っても

女性

証拠が出たら、相手の浮気が証明されてがっかりする人もいるかもしれませんが、嬉しい人もいるでしょう。別れたい人なんかは尚更です。

 

ですが基本的にその証拠というのは、自分と相手、浮気相手と探偵社のものです。たまにばらまいたり噂を流す人もいます。ですが、それはよいとはいえません。

 

中には、そういうことをするような人だから相手は浮気したんだなと考える人だっているのです。それでは、自分が有利でなくなってしまいます。あくまで証拠は証拠として扱いましょう。人に見せびらかすためのものではありません。

 

そのあたりは探偵社からも説明があるかもしれませんが、もし分からないことがあるならちゃんと聞いておきましょう。せっかく証拠を掴んだのに依頼人が暴走ともなれば、探偵社側も困ってしまいます。

 

それで職務放棄ということはないでしょうが、印象はかなり悪くなってしまいます。証拠があるなら尚更、慎重に行動した方が良いのです。印象を悪くして、良いことなどありません。

まとめ

浮気調査で証拠というのは、なくてはならないものです。ないと浮気の証明にはなりません。ですが逆に、証拠があれば、自分が一気に優位に立つことが出来るのです。別れるも別れないも手の平の上と言っても過言ではありません。

 

ですがだからこそ、証拠がある時はより慎重に振舞う必要があります。その証拠を無理にひけらかそうと横柄に振舞えば、自分の印象も悪くなってしまい、自分の味方をしてくれる人が少なくなってしまうので、そこは気をつけるようにしてください。

 

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較優良店ランキングTOPに戻る↑

浮気調査と慰謝料についてチェックしておきましょう!

響・Agent

夫の行動が怪しい。浮気しているかもしれない!と感じているようでしたら、探偵事務所にて浮気調査を行っているため、活用してみると良いでしょう、そして、浮気が発覚した場合の慰謝料の請求などもきちんと理解しておきましょう!

 

浮気調査は夫にバレずにできるの?

女性

夫の行動が怪しいので浮気調査を依頼したいけど、バレるのが怖い!と感じている方も多いです。

 

やはり内緒で調査してもらいたいな〜と考えているケースも多く、どのような投げれで浮気調査をするのか、きちんと説明してくれるような探偵事務所を選ぶことが重要です。

 

まず、浮気調査に関して実績があり、そしてどのような流れで調査を行うのか。具体的な費用や調査に費やす時間・追加料など、全て安心できるような内容をきちんと説明してくれるので、そういう部分が明確になっているか、きちんと確認しておくことは重要になります。

 

そうすることで、安心して依頼することができ、そして浮気調査は夫に内緒できできるかどうか、この部分もプロの調査員がプライバシー厳守にて行うため、安心できます。

 

探偵事務所は電話で見積もり依頼できるの?

電卓

探偵事務所を利用したいけど、直接事務所へ行くのは嫌なので、事前に電話にて見積もり請求はできるかどうか、気になっているケースも多いです。

 

電話以外、メールでも対応しますし、状況を詳しく電話にて問い合わせると連絡が来て、状況伺った後、見積もり送付になります。なので、安心して電話依頼もできますし、探偵事務所を活用することができます。事務所によってプランも異なるため、気に入ったところがあれば直接伺って具体的な調査内容を確認してみるべきです。

 

追加金や成功報酬金など無しのプランもあり、セット料金に全て含まれています。そして、一人一人の目的や着眼点も違うため臨機応変に対応しています。

 

離婚や慰謝料請求用を検討しているようでしたら、証拠にしたい資料など作成も依頼することができます。写真付きの証明書や弁護士の紹介・カウンセリングなどのアフターフォローも充実しているので、その辺も含めてご自身で利用したい内容を明確にしておくと活用しやすいです。

 

浮気調査の慰謝料について

女性

慰謝料請求金額・実際に受け取れる金額は違いがあるので、その辺をきちんと理解しておく必要があります。慰謝料請求金額は、相手に浮気をされて自信が損害を受けた場合の請求金額ですが、受け取る金額は、浮気相手が請求された金額に対し、妥当な支払いをしてくる金額です。

 

探偵事務所も多数ありますが、慰謝料請求に関してきちんとフォローしてくれるようなサポートが充実しているかどうか、その部分も考慮して探偵事務所を選ぶべきです。

 

特に法の問題になるので、浮気関連について詳しい弁護士を紹介してくれるようなところは、アフターフォローも充実しているので安心です。ご自身で弁護士を見つけようと考えてもなかなか難しいです。

 

慰謝料をしっかり取ることはできるの?

虫眼鏡とクエッションマーク

慰謝料をしっかり相手から取りたいけど、ちゃんとできるの?と気になる方も多いでしょう。

 

慰謝料請求するのは、証拠が必要になります。人によって求める目的も違うため、ご自身で慰謝料請求をしたいと考えているようでしたら、探偵事務所へ直接ご連絡して、慰謝料請求したいけど可能かどうか、確認してみると良いです。

 

証拠があれば、請求できます!といった感じで答えた場合、具体的な金額を聞いてみることも重要になります。やはり実績あるところはすぐに対応できますし、弁護士なども含めての手配になるため、その辺をきちんと説明してくれます。

 

やはりある程度、まとまった金額にて浮気調査を行うため、ご自身でここなら安心できると思えた探偵事務所を利用すべきですし、プライバシーについてきちんとルールを守って手続きをスムーズに行えるところかどうか、判断してから依頼すべきです。

 

慰謝料請求額と受け取る金額の違いなども含めて説明があり、そして調査費用とのバランスが大切です。親身になって対応してくれるような探偵事務所は信頼でき、そしてフォローも充実しているので安心できます。

 

まとめ

浮気調査を依頼したいけど、どうやって探偵事務所を選んだら良いか、いまいち分からないと感じている方も多いですが、やはり実績があり、そしてこちら側からの様々な質問や意見に関して的確に返事をくれるところは安心できます。

 

浮気調査はプライバシー厳守にて行い、そして相手にはバレないように調査も必要になります。慰謝料請求も検討しているようでしたら、どのような流れで慰謝料請求をするのか、具体的にいくらほど請求が可能なのかなど、色々と詳しく説明してくれるような探偵事務所は安心できます。

 

あいまいな回答で慰謝料は取れますよ!といった返事でしたら、それは具体例もないため、なぜ慰謝料を取れるのかこちら側から質問することも大切なポイントになり、積極的に行動はすべきです。

 

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較優良店ランキングTOPに戻る↑

探偵の浮気調査が失敗になるケースとは?

響・Agent

パートナーの浮気が疑われる場合、自分での浮気調査には限界があると言う事で、探偵に浮気調査を依頼すると言う場合も少なくありません。しかし、探偵に浮気調査を依頼したからと言って、100%成功するわけではなく、場合によっては失敗に終わる事も…。では、実際にどのようなケースで失敗に終わる事が多いのでしょうか。

 

実際には浮気はしていなかった場合

男性と女性

 

パートナーの浮気が疑われた場合、100%浮気していると思っていても、実際には、浮気はしていなかったと言う場合もあります。その為、せっかく、探偵に浮気調査を依頼しても、結果的に失敗に終わってしまう事も十分に考えられのです。

 

浮気を疑う理由として、帰宅時間が遅くなったと言う場合や土日出勤が増えた場合などで浮気調査を依頼した場合、実際には、本当に仕事が忙しくなっていただけと言う場合や仕事で大きなミスをしてしまい、その処理を家族に黙って行っている場合などもあります。

 

また、確かに気になる相手がいるものの、実際に浮気をしているわけではなく、少し一緒に食事をしている程度では、浮気として立証する事ができず、結果、浮気調査が失敗に終わったと言う事になってしまいます。

 

その為、このような事を防ぐためにも、ある程度の確信を持ってから探偵に依頼する事が大切です。そうしなければ、結局、無駄な依頼になってしまい、費用だけが必要になってしまいます。

 

探偵が調べている事がバレた場合

 

女性

 

探偵と言っても、100%完璧ではありません。その為、探偵が浮気調査を行っている事をパートナーに知られてしまう事もあります。自分が尾行されている事に気付いてしまう場合が多く、その結果、より浮気に対して警戒心を持たれてしまう可能性が高くなります。これは、浮気調査において、最も痛い失敗になります。

 

一度、自分が浮気調査をされていると感じた人は、浮気相手と距離を保つようになってしまいます。また、より警戒しながら浮気を続ける為、浮気の証拠を掴みにくい状態に陥ってしまいます。そうなれば、より困難になってしまう浮気調査。

 

その上、浮気調査をされている事に不快感を感じたパートナーとの仲は、より険悪な状態になってしまう事も考えられます。このような事を防ぐためにも、浮気調査を依頼する探偵は、浮気調査に実績のある探偵事務所に依頼するようにし、少しでもバレてしまうと言うリスクを依頼者からも回避する事が大切になります。

 

調査を依頼した時には、浮気が終了していた場合

 

割れたハート

浮気の場合、長期的なものから短期的なものまで様々です。また、浮気が始まってどの程度の期間で自分が気付き始めたかと言う事など、なかなか分かりません。

 

その上で、悩みに悩んだ結果、探偵に浮気調査を依頼したころには、結局、浮気が終わっていると言う事も十分に考えられるのです。浮気は浮気でも、相手の事を真剣に愛しているような浮気の場合、長期的になる場合がほとんどですが、遊び程度の浮気の場合は、短期が多くなってしまいます。その為、探偵に依頼したころには、浮気の実態など全くないと言う場合も。

 

そう言った失敗を防ぐためにも、早め早めの対策が必要です。こういった短期間の浮気をする人は、同じことを何度も繰り返す傾向があります。

 

その事を踏まえ、少しでもおかしいと思った時にすぐに探偵に依頼する事で、確かな浮気の証拠を掴む事が可能になります。また、終了していた事に自分で気づいた場合は、早めに探偵に調査の中止を伝える事で、無駄な費用を抑える事も可能です。

 

想像以上にお金と時間がかかってしまった場合

 

パソコンと電卓とカードとお金

誰にでも予算と言うものがあると思います。浮気調査を探偵に依頼する場合、費用が必要になる覚悟の下、依頼するかと思いますが、それが予定以上になってしまった場合、それも、失敗と言えるのではないでしょうか。

 

そうならない為にも、少しでも短期間で終わらせる事ができるように自分でもできる範囲で証拠を掴み、それを探偵に提供する事で、短期間で浮気の証拠を掴む事が可能になります。

 

例えば、レシートやクレジットカードの明細書から会っている場所がわかる場合や決まった曜日に帰りが遅くなる場合などは、そう言った情報を探偵に伝えてく事で、探偵も動きを絞って調査する事が可能になります。探偵に依頼したからと言って、丸投げにするのではなく、自分なりに調査を継続する事も費用を抑えるポイントとなります。

 

また、初めに費用について明確にしておき、それ以上、必要になる場合は、止めるのか。それとも、続けるのか。と言う事を自分自身で明確にしておく事も大切です。

 

これらが探偵の浮気調査が失敗に終わるケースとなります。これらのケースを防ぐためには、自分自身の努力も必要になります。探偵に依頼する前には、本当にパートナーが浮気しているのかと言う事を見極め、そして自分なりに証拠集めを行った上で探偵に依頼します。そうする事でポイントを抑えた調査を行う事ができ、失敗することなく浮気調査を進める事が可能になります。

 

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較優良店ランキングTOPに戻る↑

大きく変化することもある浮気の慰謝料と相場について

響・Agent

紙を指さす女性

浮気という二文字で表現しても、事例によっては相手の悪質さや罪の深さの度合いも違ったり、期間や時間も違ったりと、浮気の一つ一つに違いがあって全く同じ事例というものは存在しないというほど複雑なものです。

 

慰謝料についても異なる事例によって大きく変化するものなので、正確な数字、金額というものは明記できないものなんですが、過去の浮気の事例や裁判の判例などを参考にすると、大まかな相場というものは見えてきます。

 

幅が大きいと感じる方も多いかもしれませんが、大体安くて50万円ほどから、最高額の慰謝料となると300万円ほどからそれ以上という相場になります。

 

思っていたよりも安いと感じる方、高額だと思われる方、様々だと思いますが、浮気によって離婚するとなると財産分与というものも絡んでくるので、慰謝料とは別に事例や案件によっては多額のお金が動くこともあるんですが、今回はあくまでも慰謝料というものに絞って話をしていきます。

 

50万円と300万円という慰謝料の相場の差はなにかということに切り込んでいきますが、違いは浮気をされたことで受けた精神的苦痛の重さが大きく影響します。

 

例えば、出来心からの一度だけの浮気で夫や妻と浮気相手共々深く反省していたり、浮気をされて精神的苦痛を受けた側も怒りを覚えたり辛い思いをしたとしても離婚という考えまでは至らず、今後浮気が二度とないようにしてもらえればそれでいいという気持ちであったり、けじめをつけるという意味で婚姻関係は維持しつつ、浮気をした相手に慰謝料だけを請求するという場合では50万円から100万円ほどの慰謝料となる事例が多いです。

 

離婚という所まではいかないものの、一緒に住めないというレベルの精神的苦痛を感じて別居するとか、実家に帰って気持ちを整理するという事態になった場合の慰謝料は100万円から200万円ほどになることもあります。

 

離婚を即決するほどの悪質な浮気を相手がしていた場合、つまり精神的苦痛が最も重いという状態であれば慰謝料も300万円からそれ以上となっていくわけなんですが、高額になるにつれて様々な事情や状況が絡んで慰謝料の増減があります。

 

婚姻期間の長さ、夫や妻との年齢差、浮気発覚までの夫や妻との関係性、浮気の内容や回数などの悪質さ、夫婦間に子供がいるかどうか、浮気をした相手が反省しているか、証拠も揃っているのに浮気相手が言い逃れをしようとしていないかどうかなどが影響し、慰謝料が増減します。

 

精神的苦痛という言葉を多用しましたが、目に見えるものではないため証拠や環境、状況というものが本人同士や弁護士などを通した話し合いの時や裁判の時も大きな判断材料となりますし、慰謝料にも大きな影響を与えることになるので、紹介した相場はあくまでも目安として、万が一、浮気に関するいざこざが起きた時の参考としてみてください。

 

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較優良店ランキングTOPに戻る↑

浮気調査はGPSを活用することで確たる証拠を掴めます

響・Agent

手帳と携帯

近頃は、テレビや新聞を見る度に「浮気」や「不倫」という言葉が踊るようになってしまいましたよね。何度も嘆かわしい話ではありますが、こういった出来事は何も芸能人の方々に限った話ではありません。当然ですが、一般時である我々の身にも降りかかってくる事象になります。

 

我が家は大丈夫と思っていても、男女の仲はどう転がっていくか分かりません。その際、果たして今まで通りにパートナーを愛することが出来るでしょうか。

 

よほど寛容な方であればそれも可能なのでしょうが、大抵の場合はもう無理となってしまいますよね。ただし、案外と尻尾を掴ませないのも浮気や不倫の憎たらしいところですので、怪しいと思って離婚を切り出そうとしてもこちらが不利になるだけかもしれません。だからこそ、怪しいと思ったらGPSを活用した浮気調査を敢行し尻尾を掴んでやるのです。

 

GPSであれば、いつ何時どこにいたのかが手に取るように分かります。ですので、どんなに知らばっくれようとも言い逃れは出来ません。

 

実は近年、浮気調査にこうしたアイテムを用いて離婚を有利に進めていくというケースが目立ってくるようになりました。どんなにシラを切ろうとも、GPSでしっかりと記録を取られていれば認めざるを得ませんし、観念せざるを得ませんよね。

 

こうした状況に持ち込むことが出来れば、財産分与も親権に関しても圧倒的有利に事を進めることが出来ます。こちらには何の落ち度も無いわけですが、こうした確たる証拠が無いと案外と縺れてしまう場合がありますからね。浮気や不倫をされるだけでも腹立たしいのに、いざ離婚となったらよく分からない論理で縺れてしまうなんて最悪です。

 

ですので、本気で怪しい、本気で別れたいと思われるのであれば、浮気調査にGPSを利用することくらいはしましょう。こうしたGPSの活用は、費用面においても非常に有用なんですよ。

 

何故なら、例えば探偵事務所などに本格的な調査をお願いするよりもかなり安く済ませられるからです。探偵事務所の場合、人件費がかなりの割合を占めるようになります。一日いくらといった計算になってきますので、長引けば長引くほど費用が嵩んでしまうわけです。

 

その分慰謝料で請求できれば良いのですが、相手に支払い能力が無ければそれも期待できないかもしれません。しかし、GPSであれば一回購入して取り付けてしまえばそれで終わりです。まぁ露見してしまう可能性もありますので取り付け場所には苦慮すると思いますが、長年連れ添っていれば行動パターンも読めるでしょう。ですので、浮気調査にGPSを活用することは非常におすすめです。

 

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較優良店ランキングTOPに戻る↑

妻の浮気調査を探偵社に依頼して事実を把握する

響・Agent

男性

妻が家庭にはいって夫を支える結婚生活は、過去のものになりつつあります。例えば昼間に妻がパートで稼ぎに出ることは珍しくなく、夫婦共働きはすでに一般化しています。お金の必要な結婚生活を支えるためにそれは必要なことなのかもしれませんが、これがきっかけの夫婦間トラブル念もあります。

 

それは、妻の浮気です。夫が浮気をして夫婦間でトラブルになる例は数多くありますが、最近ではその逆パターンも増加しています。妻がパートに出たらそのパート先で他の従業員と浮気をしていた、ということがあります。

 

結婚生活1年目や2年目の新婚、あるいは結婚して20年以上経過しているようなおしどり夫婦ならそうなりにくいのかもしれませんが、結婚後数年が経過して倦怠期をむかえた夫婦は、夫だけではなく妻にも浮気の可能性が残念ながらあります。もしも夫が妻の怪しい行動に気付いたなら、妻の浮気調査に乗り出さなければいけません。

 

妻の帰りが遅い、必要以上にスマホばかりを気にしている、家事の手を抜いているなどは、妻が浮気をしているときの典型的な兆候です。これらの行動すべてが浮気につながっているわけではありませんが、怪しい行動といえるのは確かです。

 

そんな妻の怪しい行動に気付いたときの浮気調査ですが、一人だけで行うのには限界があります。そもそも仮にサラリーマンなら普通は週5日は最低でも出社して仕事をしなければいけません。

 

休日は在宅できるかもしれませんが、平日に浮気をされてしまえばどうにもならないです。そこで、浮気調査を請け負う探偵社の存在がクローズアップされます。

 

探偵社に妻の浮気を依頼すれば主に人件費を中心として多額の費用を必要としますが、それでも浮気の現場を法廷で通用する証拠材料として確保できれば、離婚調停や離婚裁判などで有利に働く可能性が高くなります。慰謝料等を考えれば妻の浮気を証明する材料は非常に重要ですので、それをおさえるためなら多少の出費はしかたないことだと割り切れます。

 

妻を信じたい気持ちが夫には少なからずあるかもしれませんが、現実は受け止めなければなりません。もしかしたら浮気をしておらず潔白が証明されることもあるでしょうし、妻の浮気調査が必ず離婚へとつながるわけではないです。

 

妻の浮気調査をすることによってわかる事実は夫にとって衝撃的かもしれませんが、夫婦生活において先送りできるような生易しい問題ではありません。それだけに探偵社を頼って妻の浮気調査をすることが、事態を動かすきっかけになります。

 

 

浮気調査に強い探偵事務所口コミ比較優良店ランキングTOPに戻る↑

原一探偵事務所
浮気調査について
HAL(ハル)探偵社
掲載探偵社一覧
関連記事
体験談
Information
一般社団法人 日本調査業協会 国民生活センター
おすすめ探偵事務所
はやぶさ探偵社